孤独のグルメ
孤独のグルメ

見どころ/ストーリー紹介

■ 見どころ

松重豊扮する中年のビジネスマンが、東京の下町などでとっておきの食事を楽しんでいく。うんちくを語るのではなく、実においしそうに食べる“だけ”の松重がとても魅力的。

■ ストーリー

個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎は、商用で色々な街を訪れる。ある日、東京・門前仲町のカフェを訪れた井之頭。おしゃべりのうるさい女性店長に疲れを感じるが、町で見つけた本日のグルメは、小さな居酒屋の焼き鳥と焼きめしだった。

キャスト・スタッフ

■ 出演 松重豊 / 井之頭五郎
■ 監督 溝口憲司
宝来忠昭
■ 原作 久住昌之
谷口ジロー
■ 音楽 久住昌之
The Screen Tones
■ 脚本 田口佳宏
板坂尚
公開:不明 | 制作:日本

感想・レビュー

いやーご飯を食らうのを見るのって楽しいね!
最近の恋愛、医者、弁護士みたいな設定のドラマもいいが、ただサラリーマンが飯を食うという単純さがすごく良かった。
海外でも人気になってるのが分かりました。
あとタバコも吸ってるのが最高にいい!
吸ったことはないけど。

わりかし普通の男が仕事を通じて人と会い、煩わしさから解放されるために美味い飯を孤独に食らう。タバコだって吸う。でも人生それでいいじゃん。小さな幸せを積み重ねれば1人でだって生きれるかも。
聖地巡りできるのはポイント高い。焼き鳥食いてー。
ポッチと、応援宜しくお願いします。

おすすめの記事